野口神社

ご祭神 神倭伊波礼毘古命
  彦八井命
鎮座地 奈良県御所市蛇穴(さらぎ)540
● 蛇穴の由来
● 汁掛祭の由来
 旧無格社。御神体は木彫の竜神。毎年五月五日に蛇綱汁掛神事が行われることで名高い。縁起によると、神武天皇の御子日子八井命(彦八井命)を祖神とする茨田連の子孫が河内国からここに移住、祖神を祀ったとみられる。

 本神社の御祭神は、古く神倭伊波礼毘古命及び彦八井命の二神を御祭りされ、それは作物の収穫を掌る水の神(竜神)という御神名で葛城川岸辺に鎮めまつったことから始まる本社は、五穀豊穣を祈願される他、邪気をはらい、諸々の病を除く御守護を賜わることから多くの人々の信仰をあつめている。
 神社西南の湧水は、蛇穴・玉手・茅原・寺田・本島の各町村の灌漑用水で、当社はこの水を守護する神として創祀されたものとみられる。毎年末期各村から水年貢として一石六斗(現在 金納)を神社へ納める。当社近くの野口家には慶応四年(1341)の地蔵菩薩を安置する。

 祭典日 一月一日 新年祭
     五月五日 汁掛祭(蛇綱ひき)
     十月四日 宵宮祭

 汁掛祭
 五月五日に汁掛祭・蛇綱引きが行われる。祭典当日三斗三升三合の味噌でワカメ汁を作り参詣者に汁をかけ厄除を作法とする。
 他方五月四日の午前から藁で蛇の頭を組み五日に早朝から蛇の胴を作りあげる。体長約十四mにも成る。汁掛作法が終ると御神体を先頭に善男善女が村中の一軒一軒蛇綱をひき廻り家々の邪気を払い、病除を祈願していく。こうして巡行が終ると神社の蛇塚に蛇綱をトグロに巻納め、行事が終了し、御神体を次番の頭屋に送られ祭がおわる。


 由来
 神社社記によると、彦八井命の後胤・茨田の長者が河内の国よりこの地に住んでいた。そこに一人の娘がいた。その頃茅原郷から葛城山に修行に日参する役の行者小角という人が居たが修行の往復に村の筋街道を通るのが常であった。いつしかその娘の恋の的になったが、行者は、修行一途で応じることが無く娘は、女の一念から悪息をはきながら行者を呑み込もうと村の森の中にある「穴」にかくれた。五月五日の田植え時で村人が野良へ弁当をもって通りかかると、大蛇が火を吹いていた。驚いて持っていた味噌汁を大蛇にぶっかけて逃げ帰った。村人がきて見ると、大蛇が井戸の中に入ったので巨石で口をふさいだ。その後娘の供養にと汁掛祭と蛇綱ひきが行われている。〜蛇穴区野口神社祭典委員会〜
[写真は境内にある「蛇塚」]

 
蛇綱引汁掛祭は野口祭とも称する。現在は汁は掛けずに、皆でいただく。
BACK