辰市神社
たついち

(通称)神宮社、鴻の宮

鎮座地 奈良県奈良市杏町64


ご祭神 武甕槌命 經津主命

● 辰の市の女
辰市神社
辰市神社 本殿
 辰市神社は杏町東西集落の中央に鎮座する。
時風神社
の向いに鎮座する。もと神宮神社(こうのみや・鴻の宮)と称した。
 祭神は春日大社神で常陸国鹿島明神と下総国香取明神のニ座である。旧村社。鎮座地は春日大社社家中臣氏の采地で、その末裔辰市家の居館地であった。
 神護景雲二年春日大神が御蓋山に遷座された。後に侍従の社司中臣時風、中臣秀行がその住居を神託によって西南の方へ神木を投じその落ちる所とした。それが辰市郷中この地に落ちたので、このあたりに居住し、春日の神木を崇敬し、中臣時風らが奉祭したのが、この神宮社すなわち今の辰市神社である。
 社殿は『春日社記録』(中臣裕明記)の建久八年(1197)四月二十二日の条に、春日大社末社の木宮社(紀伊社)の旧殿を譲与され、また嘉禎二年(1236)の遷宮にも本社第二殿を拝領している。天正年間(1573-70)筒井順慶が松永久秀との戦いで、その戦火のため南門拝殿神楽所移殿ことごとく、焼滅した。その後、慶長の乱などがあって神楽もほとんど中絶してしまった。

 享和二年(1802)から神事は再興され、明治・大正にかけて社殿や境内は復興された。そのことを記した「神宮社記録」が二冊残っている。

 例祭は十月十日。
 
BACK