手相の向上線・希望線とは?意味や見方の基本

手相

手相占いでは、生命線から人差し指に向かって伸びる線を向上線(希望線・努力線・上昇線・ベンチャー線)と言います。これは、出てると嬉しい線の一つです。線の長さ・濃さ・左右どちらの手にあるか・本数・枝分かれの状態によってどのような意味を持つか解説しています。

手相の向上線・希望線とは?場所・意味・見方

向上線・希望線
手相の中で「向上線(希望線)」という線があります。これは、生命線から人差し指の方向に伸びていく線のことです。この線が手相にある場合は野心家で、上昇志向の人が多いです。

また、目的を果たすための努力を惜しまないので、努力線とも呼ばれ、成功者が多いでしょう。人を指導・教育する能力にも長けているので、リーダーや管理職に向いています。

向上線(希望線)の長さは?

さて、向上線が手相に見つかったとき、線は長いですか? 短いですか? 線の長さによって手相がどんな意味を表しているのでしょうか。

人差し指(木星丘)まで伸びていて長い

向上線・希望線が長い
向上線が人差し指(木星丘)近くまで長く伸びている場合、これまで努力してきたことが報われ目標に近づいている、夢が叶いそうな状態を意味しています。本人の向上心も格段と高いことを表しています。

また、眠っている才能が開花しやすい状態にあるため、努力を続けることで、自分が思い描いていた以上の結果が出る可能性も充分にあるでしょう。長い向上線は、生涯努力を惜しまないことの証でもあります。

線が短い

向上線・希望線が短い
向上線が短い場合があります。これは、努力をした結果、目標は達成されますが、時間がかかってしまうことを意味しています。本人の向上心があっても、あまり強い状態ではないことが原因でしょう。

しかし、向上心がないわけではないので、努力を続けることで、すぐにではなくとも結果として成功を手にすることが出来ます。結果が出るのが遅いからといって、努力・継続をやめてしまわないことが目標達成には必要になります。

向上線(希望線)の濃さは?

向上線が濃くはっきりと見える場合と、薄くて見えにくい場合があります。それぞれどんな意味があるのでしょうか。

線が濃い

向上線・希望線が濃い
向上線がはっきりと見える濃い線だった場合、その人の目標や夢が明確だということを表しています。目標達成のための努力を続けるパワーがみなぎっているので、たとえスムーズに進まなかったとしても、挫けることなく乗り越える力を持っています。負けん気が強く、努力も惜しまないので、高い確率で成功するでしょう。

ただ、思いが強すぎて周囲の人とぶつからないように気をつけましょう。

線が薄い

向上線・希望線が薄い
向上線がはっきりとしていない、薄く見える場合、目標に向かって努力している最中に、ぶつかる 壁が現れる可能性を意味しています。

また、本人の目標や夢そのものが曖昧で、具体的になっていない状態であることが多いので、思うように進まない障害物が現れたとき、それを乗り越えようとする気力も湧きにくいです。目的を明確にして、強い気持ちを持って努力を続けることで線もはっきりと濃く太く変わっていくでしょう。

向上線(希望線)がない

向上線・希望線がない
向上線がない、という手相の人は多いです。向上線が見つからないという状態のときは「努力をしたくない」という気持ちを強く持った人です。おそらく、苦労せずに成功を掴みたい、努力なしで上手くいく方法を一生懸命探しているかもしれません。良く言えば、臨機応変な行動ができ、失敗してもすぐ次の行動に移ることができる柔軟な人でしょう。

一つの事に長い間じっくり取り組むのが苦手であることを表しています。一攫千金という言葉が大好きで、要領よく成功する話に興味がある可能性が高いです。

向上線(希望線)はどっちの手にある?

向上線を見つけた場合、それは右手、左手どちらでしょうか? もしくは両手ですか? どちらの手に向上線があるか、それが表す意味を見ていきましょう。

右手にある

右手の向上線・希望線
右手に向上線がある場合は、後天的に人生を歩んでいく中で、努力することを学び、それが報われることで向上心が強くなっていくことを表している手相です。目標を叶えるためには、あまり高望みをし過ぎないことも重要です。

小さな成功を積み重ねていくことで、徐々に成功運が上がっていき、それが励みとなり努力を続けることで希望が叶っていくことを表しています。必ず夢は叶いますので諦めないことが大切です。

左手にある

左手の向上線・希望線
左手に向上線がある人は、先天的に努力家の資質を持っています。努力をすることで、成功を掴み取れる手相です。子どもの頃から周りの人より優れていたり、高い評価を得られたりする場合が多いでしょう。また、常に高い向上心を持っているため、夢が叶ってもそこで満足し終わりません。次のステップを目指し続ける人です。

両手にある

両手の向上線・希望線
向上線が両手にある場合、それは片手だけにある場合よりも努力により目標が達成されることを強く表しています。生涯において高い向上心を持ち続ける人です。幼少期から努力家で、なんらかの才能に長けていることが多いでしょう。

また、周囲からの期待や評価も高い人です。目標を達成しても自惚れることがないタイプなので、成功し続ける人が多いです。生まれながらにして、成功する方法を知っている人といっても過言ではないでしょう。

向上線(希望線)の状態は?

向上線の状態は、長い・短い、濃い・薄いなど人によってさまざまです。それでは、線の本数や形状はどうでしょうか? その違いによって手相が表す意味を見ていきましょう。

二本・三本以上複数ある

複数の向上線・希望線
向上線が二本、三本以上ある場合があります。そのような手相を持つ人は、叶えたい夢や、目指している目標の数が多いときです。好奇心旺盛で、色々な事に興味を持ち、すぐに始める行動力は良いのですが、たくさんのことを同時にやり過ぎると、結局どれも達成できなかったという結果になる可能性があります。

また、諦めが早い性格も成功を掴めない原因になります。向上心は人よりも強く、努力も惜しまない人です。また、多くの才能も持っているので、すぐに諦めず集中すれば才能が開花されることは充分にありえるでしょう。

二股・三股に枝分かれしている

枝分かれした向上線・希望線
向上線が人差し指に向かう途中で枝分かれしている手相の場合、人並み外れた向上心を持っている手相です。目標に向かって、脇目も振らず突き進むタイプでしょう。努力も一切苦に感じません。あまりに希望を叶えるための思いが強すぎて、周りの人の気持ちを考えられなくなる人も多いので注意が必要です。責任感が強く、他人任せには出来ない性格なので、自分に厳しい人に多い手相です。

向上線と結婚の関係は?


これまで向上線に関して、目標達成や成功運についてのお話してきました。しかし、向上線はそれだけではなく結婚にも関係しています。向上線が出ている流年は、夢や目標に向かってエネルギーを費やす時期になりますので、結婚に至るケースもあるのです。

そもそも、向上線がある人は、忍耐力や、持久力も持ち合わせています。結婚には我慢が必要な場面もたくさんあります。ご本人はもちろん、お相手にもこの線がある人を選ぶと、結婚生活が長続きする可能性が高くなります。

ただし、向上線を持つ人は目標達成のための努力を惜しまない、そして、そのための時間も確保したい思いを持っています。ですので、家族で過ごす時間を多く取って欲しい、常に一緒にいたいという依存心の強い相手だと負担に感じ、心が離れていくでしょう。

まとめ

向上線(希望線)は誰にでもある線ではありません。なので、向上線があるだけですでに幸運だと思いましょう。ただし、せっかくの幸運を生かせるかは、その人次第ということになります。当たり前のことですが、行動を起こさなければ何も始まりません。そして、努力をすることで成功を掴み取れる手相です。しっかりと目標を定めたら、ご自身の持つ運と才能を信じて諦めずに進んでいくことが大切です。

関連記事

特集記事

TOP